webライティング資格

 
ライターにとって必要なスキルの一つとして、
WEBライティングがあります。

クラウドソーシングなどでもライティングの案件が多いので、
「ライティングスキルを身につけたい」
「もっとスキルアップしたい」
と思っている方も多いのではないでしょうか?

suzawa

最近は、webライティングが学べる通信講座も増えて来ましたが、
実は、WEBライティングに関する資格は、
仕事をしていく上ではそこまで必要ではありません。

ただ、経験が浅い初心者の方にとっては、
基本的なスキルを身につけているという証明になるので、
無資格者よりは仕事を受注しやすくなるでしょう。

Webライティングの資格

ちなみにwebライティングに関する資格には、
次のような検定があります。

  • webライティング技能検定
  • webライティング能力検定

webライティング技能検定

日本クラウドソーシング検定協会が主催している検定で、
月1回、WEB上で行うことができる検定試験です。

この検定はヒューマンアカデミーの
「webライティング技能検定講座」受講した人が対象となっている講座で、
複数のクラウドソーシング事業者が提携しているのがポイントです。

クラウドソーシング大手のランサーズがバックアップしているので、
受講&資格合格後にはスムーズに仕事につなげられるのがメリットです。

webライティング能力検定

一般社団法人日本WEBライティング協会が主催している検定で、
約3ヶ月に一度、全国の会場で開催されます。

1級~3級に分かれており、
1級は高度なライティングができるレベルと定義されています。
この検定はWEB上では受けられません。

全国16ヶ所の会場で開催されますが、
中規模都市は隔月開催となります。

有効期限が2年のため、2年後に再更新すると、
2年間12,000円の更新費用がかかります。

このような資格がありますが、
これらの資格をステップとして、
実績を積んでいくことのほうが大事です。

実際、発注側からみれば、
どんな資格があるか?よりもどんなジャンルに精通していて、
どんな文章がかけるのか?のほうが大事だからです。

在宅ワークで役立つWEBラインティング講座3選

実際に役立つ講座を紹介しますね。

WEBライティング/在宅workスタートパック~

WEBライティングの資格を取っても、
仕事で使えないと意味がないですよね?

会社に就職するには資格も有利になりますが、
収入につなげるには即戦力として仕事を受注できるかが大事です。

その点、ヒューマンアカデミーのWEBライティングコースは、
クラウドソーシング大手のランサーズと提携しているので、
受講後には在宅で受注を受けやすい体制が整っています。

webライティング技能検定を受けてスキルを証明できたら、
早速、受注を受けて実績を積むことができるのがメリットです。

「WEB文章力」養成講座~デジタルハリウッド

有名企業のweb担当も受講している講座でもあり、
ITスクールで有名なデジタルハリウッドということもあって、
本格的で安心感がある講座です。

企業のポータルサイトやネットショップなどの
ライティングに向いている講座かもしれません。

講座自体は安心できますが、
受講後に即戦力として仕事に就けるかは自分次第です。

2ヶ月の受講期間が過ぎると、
動画教材が閲覧できなくなるのがデメリット。

復習に動画は使えないので、
しっかり内容をメモしたりして残しておく必要があるでしょう。

オンライン講座~Schoo、ストアカ

「WEBライティングを学びたいけど、時間がない。」
「コピーライティングについてのことだけ学びたい。」などの、
細かいニーズに対応できるのがSchoo、ストアカのオンライン講座です。

生放送動画やビデオ会議などの講座を
自分で選んで受講できるオンライン講座です。

基本的なことはわかっている方で、
一歩深堀りした学びを得たい方におすすめです。

初心者向けのWEBライティング講座も定期的に開催されているので、
興味がある方はチェックしてみると良いと思いますよ。