YouTube用の動画を作成したり編集するには、
どんな方法があるのでしょうか?

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのYouTuberですが、
動画を撮影し、カットや音入れなどをして編集後、
YouTubeにアップしています。

プロなのでかなり高度な編集も入っていて、
同じようなものを作るのは難しいかもしれませんが、
簡単な編集や加工なら私達でも可能です。

YouTube用の動画編集とは

YouTubeに使う動画編集は、
スマホやビデオカメラなどで撮影した動画を、
カットしたりつなぎ合わせたりすることです。

動画を観ていると様々な編集がありますよね。

  • カット
  • 動画と動画をつなぐ
  • BGMを入れる
  • モザイク編集
  • テロップを入れる
  • 効果音を入れる
  • イラストや画像を入れる

基本の編集はこのような内容です。
YouTuber独特のテロップや効果音などは、
素材を使うことで簡単に入れることができます。

動画編集する流れ

編集内容がわかったところで、
動画編集の一連の流れをみてみましょう。

  1. パソコンを用意する
  2. 動画編集ソフトを用意する
  3. 素材を用意する
  4. 全体の校正を考える
  5. 編集する
  6. 動画をYouTube用に出力する

パソコンを用意する

動画を扱うにはパソコンの容量が必要です。
できるだけ容量が大きいパソコンを用意しましょう。

また、動画編集ソフトを使う場合は、
パソコンが対応しているかどうかも確認します。

動画編集ソフトを用意する

複雑な動画編集でなければ無料ソフトもありますが、
多くのYouTuberが使っているのはPremiere Proというソフトです。

adobeが提供している有料のソフトになりますので、
別途契約が必要になります。

素材を用意する

動画、編集に使うイラスト、画像、BGMなどを用意します。
それぞれ著作権などに注意が必要です。

全体の校正を考える

テロップを入れるのか、
動画をどこでカットするのか等、
全体の校正を最初にざっくりと考えておきます。

編集する

これまでの準備が整ったら実際に編集します。
編集ソフトに元動画を読み込み編集します。
※カットやテロップ入れなど。

動画をYouTube用に出力する

編集が終わったらYouTube用に動画を出力します。
※YouTube用のファイル形式で出力しましょう。

編集の一連の流れは以上です。

あとは出力した動画をYouTubeにアップロードすれば完了です。
細かい方法は個別ページで説明しますね!