プレミアプロ 動画の読み込み方

 
アドビのPremiere Proを使って
動画を編集していく手順をまとめています。

okubi

まとめていますと偉そうに書きましたが、
実は勉強を始めたばかりです。(汗)
なので備忘録代わりに書いていきますね。

このページではソフトに動画を読み込む方法です。
簡単にできるかなと思ったら、
その前に色々設定があったのでそこから書いておきます。

初めてプレミアプロを使うという
私と同じような方の参考になれば幸いです。^^

では早速いきます!

新規プロジェクトの作成から動画読み込みまで

それでは編集したい手持ちの動画を、
プレミアプロに読み込みしていきましょう!

まずは新規プロジェクトを作成する必要がありますので、
そこから説明していきたいと思います。

私はここから悩みました。
設定からしてよくわかりませんでしたので、
諸先輩方のブログを拝見しながら設定してみました。

ですから少し違うよ!っていうところもあるかもですが、
できるだけカンタンに軽く編集できるような設定を選んでます。

  1. 新規プロジェクトの作成と設定
  2. 動画の読み込み

1.新規プロジェクトの作成と設定

まずPremiere Proを立ち上げて、
「新規プロジェクト」をクリックます。

プレミアプロ 新規プロジェクト作成

次の画面にいくと色々設定する項目があります。
それぞれ設定していきます。(下記画像参照)

  • 名前⇒動画の名前
  • 場所⇒動画を保存する場所

そしてちょっとわかりにくいですが、
「場所」の下に「一般」「スクラッチディスク」
「インジェスト設定」というタブがあります。
それぞれ設定していきましょう!

一般タグ

一般タグは以下のように設定します。
必要に応じて変更してください。

  • レンダラー⇒GPUアクセラレーション
  • プレビューキャッシュ⇒設定なし
  • 表示コード⇒タイムコード
  • オーディオ⇒オーディオサンプル
  • キャプチャ⇒HDV
  • すべてのインスタンス・・・⇒チェックを入れる

プレミアプロ 一般設定

スクラッチディスク

これはこのままでよいです。

スクラッチディスク

インジェスト設定

まずインジェストってなんぞや?ってことですよね。
私もちんぷんかんぷん過ぎていちいち手が止まりました。
(先は長いです)

インジェストとは簡単に言うと読み込み時の設定のことです。
それぞれファイルを取り込む時の方法になるってことですね。

インジェストにチェックを入れ、
必要に応じて設定して下さい。

  • コピー⇒プロジェクトパネルへそのままコピー
  • トランスコード⇒プリセットで形式を指定
  • プロキシを作成⇒ファイルを軽くできる
  • プロキシをコピーして作成⇒コピー後にプロキシを作成

私はよくわからないのでそのままいきます!
軽くしたいな、ソフトが重いなと感じる人は、
プロキシを作成するといいそうです。

その場合は動画の画質が多少落ちますので気をつけて下さい。
設定が終わったら「OK」を押して完了です。

動画を読み込む

設定が完了したらPremiere Proに動画読み込みます。

ソフトの「プロジェクト」内でダブルクリックして、
動画があるファイルを開き読み込みたい動画を選択⇒開くをクリック。

プロジェクトに動画を読み込む
 

複数の動画を読み込みたい場合は、
ファイル内でctrlを押しながら動画を選択⇒開くでOKです。

動画を読み込む

これで読み込みは完了です。
「プロジェクト」の中に選んだ動画が入ってます。

プレミアプロ動画読み込み