ウェブデザイン資格

 
ウェブデザイン技能検定はWeb業界唯一の国家資格です。
内容としては以下のことを認定する資格となっています。

  • 国際標準規格に基づくウェブサイトの制作ができること
  • システム構築に関する知識や能力があること
  • セキュリティ対策などの知識や能力があること
suzawa

ウェブデザインといっても、デザインセンスの技能というよりは、
インターネットの仕組みやコーディング技術など、
ホームページ作成技術全般の知識を知っておく必要があるものです。

ウェブデザイン技能検定の勉強方法は?

3級は誰でも受験できますが、
2級、1級は実務経験が必要など条件があります。

2級は3級を合格していれば受験できますので、
実務経験が無いならば3級を受験してから2級にトライしましょう。

市販のテキストで勉強する

3級ならテキストだけでも合格可能です。

普段、パソコンを使い慣れていない人や、
ホームページの知識が全くないという方は、
テキストだけではちょっと心配かもしれません。

ですが、過去問題を多く何度も解いておくとか、
勉強をしっかりしておけば合格できるのが3級です。

一方、2級以上となると、
実技問題もあり、難易度も上がりますので、
完全に初心者では難しいところも出てきそうです。

ホームページを少し作ったことがある、という方も
スクールなどで体系的に学んでおくほうが安心です。

普段、WEB関係の仕事をしている人でも、
業務に直接関係ない知識については知らないことも多いです。

普段業務で使うわけではないけれども、
知っておくべき知識も出てきますので、
経験者の方ほど、基本の勉強をおろそかにしないようにしましょう。

スクールに通う

パソコンに慣れていない方や、対面で教えてもらいたい方には
通学制のスクールに通うのが一番早いです。

初心者の方ほど、ちょっとした操作でつまづくと、
先に進めなくなってしまうので、
市販の本や通信講座の学習だと続きません。

途中でわからなくなって放置してしまう・・・
ということにならないためには、
直接教えてもらえるスクールに行くのが良いでしょう。

suzawa

通学制のスクールは料金も割高になりますが、
あれこれ試して結局どれもダメになるよりは、
初期投資はかかっても確実な勉強法だと思いますよ。

オンライン講座(通信講座)で勉強する

パソコン操作に問題がない方は、
オンライン講座など通信講座での勉強もおすすめです。

市販の本で勉強すると断片的になったり、
疑問点が解決できないままになりがちですが、
オンライン講座ならそうした心配がありません。

質問などもチャットやメール、動画などで回答してもらえるので、
わからないところをすぐに解決できるのがメリットです。

費用も通学制スクールより安い場合が多いので、
コスパも良いのが魅力です。

書籍での勉強に限界を感じる方は、
オンライン講座も検討してみるとよいでしょう。

資格取得後の就職先は?

資格取得後はウェブ制作会社や、
企業内のウェブ担当部署などで活躍できます。

ただ、ウェブデザイン技能検定の資格取得が、
就職に有利かというと、そこまで有利とは言えません。

ウェブ制作の業界は実力で決まるので、
採用基準の一つになることはあっても、
資格があるから採用されるというほどではありません。

せめて2級くらいは取得していないと、
採用に考慮してもらえないでしょう。

ウェブに関する需要は今後も増えると予想されるため、
就職先は一定の需要は見込まれます。

web制作は在宅ワークでも仕事を受けることができますので、
就職先にこだわらず収入を得ることも可能です。