「note」ってどんなサービスなの?
と気になっていらっしゃいませんか?

最近、検索していると「note」で書かれた記事を
よく見かけるのではないでしょうか。

実はnoteって今、伸び盛りのすごいサービスなんですよ^^

私たちもnoteでブログを運営して体感していますが、
ほんと読者が増えるのが早い!

noteはSNS的な要素がありますが、
フォローされたり、記事にいいね(スキ)がついたりするのが
本当に早くて簡単なんです。

これから何か無料で媒体を持ちたいと思っているなら、
まずはnoteから始めてみるのをおすすめします^^

noteは今やるべきブログサービス!

note月間利用者

・利用者が多い

なんと、noteは月間利用者が6,300万人もいるんです。

今、伸びているインスタでも3,300万人程度なので、
倍以上の利用数なんですね。

これも2020年の5月時点のデータなので、
現在はもっと増えていることでしょう。

note月間利用者

このデータを見ると1年くらいで3倍くらいになってますね。

それだけ利用者が爆増しているのが分かります。

・日本の会社が運営

noteのとっつきやすさは日本の会社だからかもしれません。

TwitterもInstagramもFacebookも、
有名なSNSはどれも海外のサービスですよね?

noteは日経新聞系列の日本の会社が運営しているので
日本人にとって使いやすいんですね。

先日はショッピングサービスのBASEと提携したり、
文藝春秋と提携したりと、他の会社やサービスとの連携もさかんです。

・操作がシンプルで初心者に使いやすい

また、noteは操作がシンプルで、
初心者にも使いやすい仕組みになっています。

ブログに慣れている人にとっては逆に使いにくいかもですが、
HTMLタグなど知らなくても、直感的な操作ができます。

「とりあえず書きたい」という人も、
登録してすぐ書き始められるほどの気軽さです。

動画の埋め込みも、YouTubeなどのURLを入れるだけで
勝手に動画を埋め込んでくれるんですよ。

・続けやすい工夫がある

「投稿したとき」「相手にスキしたとき」など
こまめに「バッチ」という称号?がもらえます。

「3日続けて登録しましたね!素晴らしいです!」
みたいに、こまめに応援してくれるので続きやすいんですね。

初心者や女性にとっては、こういうの嬉しいです^^

・SEOにとても強い

検索するとnoteの記事が上位に来ているのを
よく見かけませんか?

あれこれ工夫してSEO対策をしなくても、
検索上位に上がりやすいのが特徴です。

SEOのためにはちょっと工夫は必要ですが、
いわゆるガチガチのSEO対策は不要なのが魅力ですね^^

ちなみに、SEOに有効なのは「テキスト」投稿だけです。
動画や音声は対象外なので、テキストを使いましょう。

何はともあれ、タイトルだけは、
キーワードを入れておきましょう。

記事の内容や長さよりも、タイトルで上位表示しやすいようなので、
タイトルに全集中して書きのがオススメです。

どうして上がりやすいのか…というのは
まだ私たちも未知な部分が多いです^^;

noteとブログの違いとは?

noteは基本的には「ブログ」サービスですが、
テキスト記事だけでなく、動画や音声、画像も投稿できます。

他のブログと比べて珍しいのは「音声」でしょう。
ラジオのように「音声だけ」を投稿している人もいます。

動画や画像はブログでも投稿できますが、
テキスト投稿に関しては機能はあまり充実していません。

テキストの装飾はシンプルなものしかできず、
「見出し」「太字」「文字揃え」くらいしかできません。

文字の色も大きさも変えられないんですね。

リンクはURLを入れれば自動的に判断してリンクになりますが
「HTMLで何かを埋め込みたい」ということはできません。

一般的な無料ブログであれば、
もっといろいろカスタマイズできますが
そこまで出来ないことは理解しておきましょう。

アメブロとnoteの違いは?

noteの面白いところは、SNSとブログの
いいとこ取りをしているところです。

アメブロもSNSみたいなブログサービスなので、
noteとよく似ています。

アメブロと違うところは次のようなところです。

・無料なのに広告がない

アメブロは広告が入っていますが、
noteには広告が入っていません。

記事に集中して読めるところが、無料ブログとは違いますね。

・ランキングがない

アメブロはランキングがあって
有名人が上位にランクインしていますが、
そういうランキングがありません。

他の人と比較する必要がなく、マイペースで記事更新できます。

一方、「ランキングで上位になって目立つ」
ということはできないですね。

それ以外はアメブロによく似ています。

SNSのようにつながっている人(フォロワーさん)が
自分の記事を読んでくれたりします。

1アカウントに違うジャンルの記事を入れられる

noteは複数のマガジンというカテゴリを持てるので
1つのアカウントで全然違う内容のマガジンが作れます。

フォローしている人も、マガジンに対して更新通知がくるので、
自分の興味があるものだけをフォローできることになりますね。

また、偶然、自分の記事を他の人に発見されることがあるのも、
noteの面白いところです。

他のSNSがで使いにくいと思っていた方にとって
それを解消するツールになるかもしれません^^